コロナ生活も約1年 長いおうち時間の中で…

読書

こんにちは。ことりです^^

数か月ぶりのブログ更新^^; 今日は近況報告などを。

この数か月はとにかく家にいる時間が長かったですね。昨年の8月にコロナの影響をモロに受けてしまって、派遣先の更新終了を言い渡されたのもあって家から一歩も出ない日も少なくなかったです。

特にここ2か月はコロナ第3波で大きく感染拡大してしまっているので、我慢の日々が続いています。

目次

おうち時間は動画三昧

長いおうち時間をどう過ごすか。

私の場合は動画三昧な日々ですね^^; いくつかの動画配信サイトに登録しています。amazon prime、huluなどです。見たい動画が山ほどある。

少し前まではPCとテレビを繋いで、デュアルディスプレイのようにして動画をテレビに映し出していたのですが、配線が邪魔で邪魔で、見た目的にもちょっとしたストレスでした。

そこでずっと気になっていた『Fire TV Stick 』なるものを購入!

こういうやつ^^

これ、めっちゃ良い!

何でもっと早く買わなかったんだろう^^;

配線のストレスからも解消され、PCを付けなくても好きなだけ動画を見ることができる。今では動画配信サイトも好き放題選べる。自分の好みのジャンルに強い配信サイトを選べば良いですからね。世の中便利になったものだなぁ。

私と同じ方法で動画を見ていた妹にも教えました。

そんなに便利なものがあるの?と妹も即購入!すごく喜んでいましたね^^

お若い方からすれば、そんなのとうに知ってるよ!今更?と笑われてしまうかもしれないのですが、そのもの自体は知っていても、なかなか新しいものに対してすぐに移行する勇気がないのですよ(笑)

いやぁ、それにしても便利。とても快適です!

もともとあまり見なかった地上波から、さらに遠のいてしまった感じはありますけどね^^; 置物と化していたテレビが復活です^^

お正月は母が帰宅

母がお世話になっている施設もコロナで面会制限があり、ドア越しの面会しかできない状態です。それでも、そのドア越しの面会さえできない施設や病院のほうが多いので、顔を見ることができるだけありがたいことです。

このお正月は自宅に母を連れて帰ることも難しいかもしれないと覚悟していたのですが、条件付きで帰っても良いという許可をいただくことができました。

  • 自宅以外には出かけない。
  • 市内の家族以外との接触は不可。
  • 家族も2週間の間に県外への出入り、県外の方との接触がないこと

などの条件が出されました。母は持病もありますので細心の注意を払いながらの帰宅。自宅から一歩も出ずにずっと家の中で過ごしましたが、それでも母に触れ、身体を拭いたり髪を洗ってあげたり、一緒に食卓を囲んだり、テレビを見たり。

たった2泊3日の帰宅でしたが、本当に楽しかったです。

実家のリノベーションも着々と

実家は築100年くらいの古民家です。バリアフリーには全く対応していません^^;

今回、母を家に連れて帰った時も車いすを家に上げるだけで大騒動(苦笑)。母は自分では歩くことはもちろん、立ちあがることも、自分で体に力を入れることもできません。母の身体を抱え上げなくては家には入れません。

家族みなが揃っているときであれば何とかなりますが、例えば妹ひとりが母を家に連れて帰ろうと思っても、母を家に上げることができない。

お風呂に入れてあげたくてもそれも厳しい状況。お正月の帰宅時もベッドに寝かせたまま身体を拭いたり髪を洗ってあげたり。ベッドに寝かせたまま髪を洗う方法も、妹が医療従事者ということで何とか教えてもらいながらできました。

できるだけ自宅で介護してあげたいという思いを実現させるためには今のままの実家では難しいのが現実。

そこで、前々から考えていた実家のリノベーションを進めることになったわけです。

業者さんも決まり、実家を見に来ていただき、ある程度の計画、見積もりなどは出してもらったと妹から聞きました。

「やはりプロの方はすごい!」と言っていましたね。母の介護のことなど、どういった生活をしたいというような希望を伝えただけの状態で仮の図面を作ってくださったそうなのですが、私たちでは思いつきもしないような素敵な空間の図面だったそうです。

まあ実家は大きいということもあって、リノベーションでも家1件建てるくらいの費用はかかるらしいですが^^;

コロナ禍ということもあると思いますが、着工は早くて4月くらいになりそうです。お願いした業者さんが家具などもそちらで作成されるということなので、着工から完成までに半年くらいかかるとのこと。

今年中には何とか完成するかなといったところです。リノベが完成するまでにコロナが落ち着いてくれていることを願うばかりです。

医療従事者の方たちに日々感謝しながら

コロナ、コロナと生活の様々なことに変化が起き始めて約1年になりますね。

この1年の生活は、今まで当たり前だったことが当たり前にできない日々でした。そして自分が感染してしまったら、もし感染して人に感染させてしまったらといった恐怖との闘いでもありました。仕事も解雇され、収入が激減。この先どうなるのだろうという不安。それは今でも続いているわけで…。

もちろん私たちも大変な思いをして日々暮らしているのですが、医療従事者の方々は私たちの想像をはるかに超えた環境の中で頑張ってくださっているのだと思います。

妹からも職場でのことを聞くことがありますが、本当に、本当に大変なんです。

私たちが医療従事者の方たちに感謝し、協力できることがあるとすれば、とにかくひとりひとりが細心の注意をはらって生活をすること。まずは自分が感染しないようマスク、手洗い、行動自粛…。感染リスクになるような行動を極力控えることなのではないかと思っています。

今、季節もあるとは思いますが、大きく感染拡大してしまっていて、医療に関わる方たちの負担は増すばかりです。ひとりひとりの心がけで感染拡大を最小限に抑えることができれば、医療従事者の方々の負担は少しずつでも軽くなっていくのではないか。

私はそう思っています。

今日はとてもお天気が良く洗濯日和。お買い物も週に2度くらいで済むように買いだめをしているので今日は出かける必要もないですし、シーツや大きめのカバー類などを一気にお洗濯して、あとは動画を見たり本を読んだりしておうち時間を過ごそうと思います^^

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる