淡路島旅行 1日目 – 車いすの母との旅

淡路島

ゴールデンウィークに淡路島に行ってきました。

何年ぶりかの家族旅行。毎年のように家族旅行をしていたのですが母が認知症と診断されてからはなかなか行けなくて^^;

毎年、妹夫婦が私と息子も誘って連れて行ってくれていました。旅行の計画もほぼ全てを妹がしてくれていたんです。

ほんと頭が上がらない。

特に今回は母が車いすですし、バリアフリー対応の旅館なども探さなくてはなりません。いくら旅行好きの妹といえど、今回は計画を立てるのも大変だったと思います。

ブログでも少し触れたのですが、1ヵ月くらい前に難病の疑いが出てきた母。

検査の結果、ある難病だと診断されました。

難病だったということに関してはショックもありますが、これまで「なぜ?」と思っていた母のさまざまな症状にも納得できましたし、これからはいかに進行をゆるやかにするかといった治療になっていくと思います。

そのことについてはまたいつか…。

難病と診断され、予定していた今回の旅行をどうしようかと妹とも話し合い…治療の方針は少し違ってくるかもしれないけれど、今までと大きく変わるところは無いからということで予定どおり旅行に行くことに。

目次

母を老人ホームに迎えに行き淡路島に出発

母を老人ホームにお願いしてからは毎週のように週末になるとどこかに外出させていました。

車いすの生活になってからはバリアフリー対応になっているところが多い道の駅に行くことが多かったですね^^

なので母との外出はある程度慣れていました。

でも今回は2泊3日の旅行です。日帰りの外出とは違ってどうなるかわからないという部分も多くて…^^;

うちは旅行に行くときはほぼレンタカーを借ります。今回も同じく。車いすを乗せることができるように大きめのワンボックスを借りました。

お世話になっている老人ホームに母を迎えに行き…。

車いすはもちろんですが、母はCPAP療法も行っているためその機器や紙おむつ、日々のお薬、インシュリン…などなど絶対に忘れてはいけない物もたくさん。

それをひとつずつ確認しながら準備していきます。

トイレ休憩ができなかった時のために母の着替えは多めに持って行くことに。

そして母を車の後部座席に乗せ、いよいよ淡路島に向けて出発です。

母と息子

運転は義弟、助手席に妹、母のそばには私が乗り、一番後ろに息子。

母は自分で姿勢を変えたりできないのでポジショニングクッションを使い時々姿勢を変えてあげます。

淡路島への道のりは約6時間。

パーキングでトイレ休憩をとりながらゆっくりと向かいます。

ゴールデンウィークなのでパーキングが混雑しているかもと心配していたのですが、さほどでもなくすんなりと身障者用トイレを利用することができました。

母の体力のことを考え1日目はどこにも立ち寄らずに宿泊先に直行です。

淡路島に到着

瀬戸大橋を渡り…。

瀬戸大橋

大鳴門橋も渡り…。

大鳴門橋

淡路島に到着です^^

私は生まれは兵庫県ですが淡路島に来たのは初めて。

淡路島
淡路島

今回の旅行。全体的にお天気が悪かったのが残念(T_T)

プラザ淡路島

そして1日目の宿泊先「プラザ淡路島」に到着です。

プラザ淡路島
プラザ淡路島
プラザ淡路島
プラザ淡路島
プラザ淡路島

私たちが宿泊させていただいたのは別邸 蒼空(そら)

お部屋には目の前に鳴門海峡が広がるテラスがあり…まさに絶景。

…長くなってきたのでお部屋の様子や夕食の様子などは次回に^^

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる